HOME > スタッフ紹介

経験豊富なティーチングプロが
あなたのスコアップをお手伝いいたします。

すこくりのティーチングプロは、全員がPGA/LPGAの認定ティーチングプロ。
個性豊かな5名のスタッフが、あなたのゴルフライフをサポートします。
それぞれのキャラクターが垣間見れる一問一答形式のインタビューをぜひチェック!

野崎 のざき たかし

dammy_img_lhdammy_img_rh

日本プロゴルフ協会ティーチングプロA級
栃木県 思い川東急ゴルフ倶楽部出身
帯同キャディー歴: 倉本 昌弘プロ、倉本 泰信(Rex Kuramoto)プロ、崎山 武志プロ
 

一問一答

  • Q: プレイヤーとしての自分のプレイスタイルを一言で表現すると?
  • A: イメージ先行型
  •  
  • Q: 詳しく教えてください
  • A: 毎ショット、打ってからボールが動いている間、止まるまでのイメージを決めないと打てないタイプのため、まずはイメージをつくってから一打一打打つことを大切にしています。その時の流れの中で、成功する確率を把握した上で、クラブ選択、球筋を決めてから打つ、そのルーティンとリズムが大事です。
  •  
  • Q: レッスンする上で、心掛けていることは何ですか?
  • A: お客様のゴルフの悩みを共有することです。
  •  
  • Q: なぜそれが重要だと思いますか?
  • A: お客様と気持ちを同じにし、ゴールを共有することが重要だと考えています。
  •  
  • Q: レッスン項目は沢山あると思いますが、その中でも得意とするものはありますか?
  • A: いろいろな角度から、お客様それぞれのスウィングの特徴を見出して、それをのばしていくこと。
  •  
  • Q: すこくりが掲げるコンセプトについてどう思いますか?
  • A: ゴルフを楽しみ、上達させるために大切なことだと思います。
  •  
  • Q: コンセプトに最も共感する点はどこですか?
  • A: すべて。その中でも、芝の上で打つことの重要性と、ゴルフは技術だけでなく仲間とともに切磋琢磨し楽しむのが大事だということ。

松井 まつい 敏弘としひろ

dammy_img_lhdammy_img_rh

日本プロゴルフ協会ティーチングプロA級
 

一問一答

  • Q: プレイヤーとしての自分のプレイスタイルを一言で表現すると?
  • A: 魂の一打
  •  
  • Q: 詳しく教えてください
  • A: 魂を入れて一打一打大切に打つ。言いかえるとイメージプレイです。ショットとスウィングをイメージして打つタイプです。
  •  
  • Q: レッスンする上で、心掛けていることは何ですか?
  • A: ダメな事は、ちゃんとお客さまに伝えることですかね。
  •  
  • Q: なぜそれが重要だと思いますか?
  • A: 自分のダメなところを、自分がしっかりと受け入れないと、スコアに繋がらないからだと思います。
  •  
  • Q: レッスン項目は沢山あると思いますが、その中でも得意とするものはありますか?
  • A: お客さまそれぞれにマッチしたスウィングをつくることです。
  •  
  • Q: すこくりが掲げるコンセプトについてどう思いますか?
  • A: その通りだと思います!
  •  
  • Q: コンセプトに最も共感する点はどこですか?
  • A: 練習場とコースをリンクさせる重要性と、人間関係の構築ですかね。

佐野 さの 光子みつこ

dammy_img_lhdammy_img_rh

日本女子プロゴルフ協会ティーチングプロフェッショナルA級会員
袖ヶ浦カンツリー倶楽部袖ヶ浦コースキャディ、カレドニアンゴルフクラブ研修生を経てティーチングプロ資格を取得
 

一問一答

  • Q: プレイヤーとしての自分のプレイスタイルを一言で表現すると?
  • A: 我慢の子
  •  
  • Q: 詳しく教えてください
  • A: ゴルフは常に平常心でなければショットが安定しません。そのため如何に喜怒哀楽のモチベーションをコントロールできるか、また一つのルーティンを常に心掛けることでリズムの良いショットに繋げていけるか、その結果として忍耐強く我慢 の子として常にポジティブに自分に言い聞かせて、一つでも納得できる気持ちの良いショットに繋げるようにしています。
  •  
  • Q: レッスンする上で、心掛けていることは何ですか?
  • A: 基本スウィングを中心に、最後までリズミカルなフィニッシュを心掛けています。
  •  
  • Q: なぜそれが重要だと思いますか?
  • A: 一連の流れを覚えることで、原因が見つかり改善策につながる。結果楽しいゴルフにもつながるからです。迷いがあるとミスショットにつながります。ゴルフはミスが出て当たり前。そのミスをどうリカバリーできるか、どう楽しみ、スコアに結び つけられるかがゴルフの醍醐味の一つだと思います。
  •  
  • Q: レッスン項目は沢山あると思いますが、その中でも得意とするものはありますか?
  • A: 基礎を中心にマスターしていただくこと。
  •  
  • Q: すこくりが掲げるコンセプトについてどう思いますか?
  • A: 今までの自分のゴルフに対する考えととても近く、ゴルフにとって大切なことだと思います。
  •  
  • Q: コンセプトに最も共感する点はどこですか?
  • A: 私のゴルフに対する考えの一つで、ゴルフをするには一人で楽しむのではなく、一緒にプレーする方と楽しく一日を過ごせるように、まずは迷惑を掛けたくはないはずです。人によっては気を使いすぎて言えずに一日を過ごしてしまいます。そのためにも、仲良くゴルフを楽しめる交流の場としての基礎を中心に、ルールはもちろんのこと、ラウンド中のマナー指導を重視しています。佐野ワールドをつくるには、お客様同士の交流はもちろんのことアットホームなコミュニケーションと 和やかさを心掛けております。やっぱりすごく近いですよね、コンセプトと。

錦織 にしきおり 立欣たつや

dammy_img_lhdammy_img_rh

日本プロゴルフ協会ティーチングプロA級
 

一問一答

  • Q: プレイヤーとしての自分のプレイスタイルを一言で表現すると?
  • A: 次の一打を常に考え先読みしながら組み立てます。
  •  
  • Q: 詳しく教えてください
  • A: 残り距離、ライなどを優先してショットを組み立てます。
  •  
  • Q: レッスンする上で、心掛けていることは何ですか?
  • A: しっかりとしたインパクトを身につけてもらいたいです。
  •  
  • Q: なぜそれが重要だと思いますか?
  • A: 距離を出すにも左右へ曲げるのも、止める、転がすも全てインパクトの感触が変わるので。
  •  
  • Q: レッスン項目は沢山あると思いますが、その中でも得意とするものはありますか?
  • A: アプローチの引き出しの数。
  •  
  • Q: すこくりが掲げるコンセプトについてどう思いますか?
  • A: ゴルフの技術と思考を鍛える事ができます。
  •  
  • Q: コンセプトに最も共感する点はどこですか?
  • A: ラウンドの機会を多く作れるところ。

秋山 あきやま 琴美ことみ

dammy_img_lhdammy_img_rh

日本女子プロゴルフ協会 ツアープレイヤー資格・インストラクター資格
<ツアー戦積>
1998年 We Love KOBE サントリーレディースオープンゴルフ 7位
2002年 ミヤギテレビ杯ダンロップ女子オープンゴルフ 8位タイ
 

一問一答

  • Q: プレイヤーとしての自分のプレイスタイルを一言で表現すると?
  • A: 感覚重視型+慎重。冒険はしない!練習に近いスイングをイメージして打つ。特にリズムを大切に。
  •  
  • Q: 詳しく教えてください
  • A: アドレスに入る前から慌てないように気をつけます。慌ててプレーに入ると、スイングリズムが悪くなり、決していい結果は出ません。
  •  
  • Q: レッスンする上で、心掛けていることは何ですか?
  • A: お客さまと一緒に悩みを解決していきたいと考えています。実は、子育てのため少しお休みをしていたので心配ですが、ゴルフ場の先輩である野崎プロに、またゴルフの世界に引っ張り出してもらえたので(ちょっと強引気味に・笑)、お客さまと共に精一杯頑張りたいと思います!
  •  
  • Q: なぜそれが重要だと思いますか?
  • A: 考えを押しつけるのではなく、一緒に考えることによって、お客さまそれぞれに合った方法が見つかると思うからです。
  •  
  • Q: レッスン項目は沢山あると思いますが、その中でも得意とするものはありますか?
  • A: ゴルフ場の研修生出身でツアー参戦もしていたため、一番得意なのは「スコアメイク」です。実際、日頃の練習をどうラウンドに活かしていくかなどをお伝えできればと思っています。
  •  
  • Q: すこくりが掲げるコンセプトについてどう思いますか?
  • A: ゴルフを楽しみながら、スコア・スキルアップができると思います。
  •  
  • Q: コンセプトに最も共感する点はどこですか?
  • A: 実際に芝の上で打つことが、ゴルフ上達の上でとても大切と考えているため、インドアだけでなく、コースレッスンもプログラムに組み込んでいるところ。コースレッスンで技術だけでなくマナーを身につけられるのもとても重要だと思います。

野崎プロ・松井プロのインタビュー動画はこちら